牛乳パック型ボックス

牛乳パックの形のユニークな箱です。キャンディーを入れて飾ったり、ギフトボックスとして使っても◎。

用意するもの

材料

  • 普通紙(A4サイズ、またはレターサイズ)

道具

  • はさみ
  • のり
  • 定規

作ってみよう

紙を印刷する

  1. スマホアプリ「Epson Creative Print」を使います。ホーム画面から「コラージュ」を選んでタップします。
  2. 「新規作成」をタップします。
  3. 一番上の横長の白紙を選んでタップします。
  1. 編集画面に白紙が表示されます。左下のメニューのアイコンをタップします。
  2. 表示されるメニューの一番下の「背景変更」をタップします。
  3. 柄の一覧が表示されるので、好みの柄を選んでタップすると、柄が表示されます。
  1. 左の設定のアイコンをタップします。
  2. 「レイアウト」から「交互配置」を選ぶと、柄の配置が図のようになります。右上のバツ印のアイコンをタップして閉じます。
  3. 左下のメニューのアイコンを再びタップします。
  1. 表示されるメニューから「文字追加」を選んでタップします。
  2. ボックスに入れたい言葉などを入力します。お好みで文字色やフォントを選びましょう。
  3. 文字がレイアウトされるので、位置や大きさなどを調整し、右下の「次へ」で印刷に進み、印刷しましょう。文字以外にもイラストのスタンプなどを入れても楽しいボックスになるので、お好みで工夫してみましょう。

折り目を付ける

  1. 上の部分を5mmぐらい折り、のりで貼り合わせます。
  1. 破線の部分に、縦と横の山折りの折り目を付けます。
  1. 白い四角の上部の真ん中の破線の部分に、谷折りの折り目を付けます。
  1. 谷折りの端から写真のように四角の下の左右の角へ定規を当て、それぞれ谷折りの折り目を付けます。
  1. もう一つの白い四角にも、同じように谷折りの折り目を付けます。

組み立てる

  1. 左右の端を重ねてのりで貼り合わせ、四角い筒のようにします。
  2. 底の4つの角に写真のように切り込みを入れます。「折り目を付ける」の2で下の部分に付けた横の折り目の部分まで切ってください。
  1. 左右をたたみます。
  2. 上下の面にのりを塗り、重ねて貼り合わせます。写真では白い面が外に出るように貼っていますが、柄の面が外に出るように貼ってもおしゃれです。
  1. 折り目に沿って、口を写真のように折り込みます。
  2. 写真のように右半分はのりをつけて閉じます。左半分は一度開いて、しっかりと折り目をつけましょう。

アレンジ1

ギフトボックスにする場合は、上端を折り返さずに作り、最後に後ろに折って閉じてください。

アレンジ2

底の切り込みを深くすると、丈の短いボックスも作れます。アプリで印刷する時に写真もプラスして、オリジナルのクッキーボックスに!

アレンジ3

シチュエーションに合わせ、文字やイラストのスタンプを入れてみましょう!

アレンジ4

サンクスギフトは、贈る相手の名前を入れて♪

作者紹介

作者:コクボマイカ

クラフトプランナー。文具や雑貨のセールスプロモーション、書籍やWEBサイトのクラフトレシピ制作に携わる。
「おとなのずがこうさく」と称した少人数制の講習をはじめ、子供向けテーマパークでの経験を生かし、商業施設での大型ワークショップイベントも多数開催。どなたでも楽しめる“つくりかた”と“体験”を提供しつづけている。
ものづくりプロジェクト「くふうのたまご」主宰。
http://micke.co.jp

アプリをインストールしてはじめよう

デザインペーパーやコラージュ印刷には

Epson Creative Print

アプリのダウンロードサイトは、Apple Inc.およびGoogle Inc.のページです。

スマホからこのページを見る

Recommend